大和ライフネクストの大規模修繕工事の特徴


大和ライフネクストのマンション管理サービス

年間100棟以上の実績

大和ライフネクストはマンションの大規模修繕工事の工事監理を毎年100棟以上行っており、マンション大規模修繕工事としては日本で最大級の実績を持つ、マンション大規模修繕工事専門の設計事務所です。 確かな技術とマンションの日常管理により培われた豊かな経験によって、お客様をしっかりとサポートし、お客様の大切な資産であるマンションの価値を高め、快適な住環境をお客様と一緒に創りだします。

設計監理方式が基本

大和ライフネクストは、原則として大規模修繕工事を自社で元請する責任施工方式ではなく、設計監理方式でコンサルティングサービスをご提供しています。あくまで第三者的視点で、かつ日常管理を行っているものの視点を併せ持ってコンサルティングという立場をとれることが、私たちの強みであり、お客様にとって「透明性」「納得感」「安心感」の高い修繕の実現につながります。
 

小規模マンションのコスト削減「コアシステム」

戸数の少ない小規模のマンションの場合、大規模修繕工事の一住戸あたりの費用は戸数の多い大規模マンションに比べどうしても割高になってしまいます。 この問題を解決するために開発されたのが大和ライフネクストの「コアシステム」です。 簡単に言うと、同じ時期に大規模修繕工事を予定している近いエリアの複数の小規模マンションを、あたかも1つのマンションのようにまとめて、一度に工事を進めようというシステムです。こうすることで工事効率を高めてコスト削減を実現しようというしくみです。
 

防災対策と工事のコストダウンを両立する「LNパーティション」

火事などの災害時にバルコニーから隣の住戸に避難する場合、隣接住戸との間にある隔て板(パーティション)を蹴破る必要があります。しかし今までのパーティションは割れにくく、高齢者や子どもの力では蹴破るのがとても大変でした。 これを解決したのが大和ライフネクストとナカ工業株式会社が共同開発した、レバー操作一つで簡単にパーティションを押し倒すことができる「LNパーティション」です。 またこのパーティションは専用の鍵を使うことで簡単に開閉できるため、大規模修繕工事の施工時にバルコニーから隣へ移動する際、これまでのパーティションのように一旦足場へ戻ることなく隣へ移動することができ、工期短縮によるコスト削減につながります。最初の大規模修繕工事でLNパーティションに交換しておけば、2回目、3回目の大規模修繕工事費を削減することができます。
 

大和ライフネクスト独自の技術