大雨、地震…もしもの時は

大雨時の注意

台風や、ゲリラ豪雨などの大雨による被害を防ぐための準備が大切です。

機械式駐車場の下段の自動車はあらかじめ移動しておく

短時間に急激に雨が降った場合、地下ピット型の機械式駐車場では排水ポンプの能力が間に合わず下段の自動車が水没する危険性があります。台風などあらかじめ大雨が予想できる場合には、事前に自動車を移動しておくなど、各マンションで対応ルールを決めておくことが必要です。
 

バルコニーの排水溝のゴミを取り除いておく

バルコニーの排水溝が土や埃などで詰まっていると、強風で吹き込んだ雨が排水できず、バルコニーに溢れ、お部屋内に浸水してくる危険があります。普段から排水溝の掃除を行い、雨が予測できる場合には、改めて確認をしましょう。
 

マンション全体で土嚢などの準備をしておく

過去に浸水被害を経験した地域や場所のマンションでは、マンション全体で土嚢を用意するなどの準備が有効です。土嚢は市役所などで貸与してくれる場合もあるので、当社フロントマネージャー(管理員)もしくはマンション担当者(マンションプランナー)にご相談ください。

各住戸での備え

グラッときた場合の対応

逃げ道となる通路のドアを開ける、ガスや水道の元栓を閉める、電気のブレーカーを落とすなどの初期動作を、お住まいの皆様に対して徹底しておく必要があります。各戸のガスや水道の元栓や電気のブレーカーの位置を日頃から確かめておくように注意を促しておきましょう。


バルコニーは避難路

バルコニーの使用方法は、各マンションの使用細則などで定められていますが、避難ハッチや隣戸との隔て板がある住戸では、避難を妨げる物を置かないように特に注意する必要があります。バルコニーが独立型で避難ハッチのない場合は、避難ハシゴを用意するなどの方策を考えておく必要があります。
小さな物でも落下すると大変危険ですので花鉢などにも注意しましょう。管理組合全体でルールを徹底し、もしもの時の危険を減らすよう呼びかけましょう。

水の確保

建物や設備に大きな被害がない場合でも、水道が止まると生活に支障が出ます。特にトイレは困ります。常に浴槽に残り湯をためておくように心がけておきましょう。ただし、マンション共用部の汚水管に異常があった場合には流せないこともありますので、個人用の簡易トイレを用意しておくとよいでしょう。
周辺地域で水を確保できる場所(給水所・井戸など)を日頃から確認しておく必要もあります。
 


避難場所などの確認
避難場所や外出時の相互の連絡方法などとともに、管理組合の連絡場所なども広報しておきましょう。

火災防止

避難する際、ガスの元栓を閉め、電気ブレーカーを落として、火災の発生を防止します。水道の蛇口を閉め、特に自動式洗濯機から漏水しないように注意します。
 
マンション生活のコンビニエンスストア「eライフネクスト」では、マンション管理組合様向けに、防災関連グッズや、いざという時の避難食品など、防災関連商品を豊富に取りそろえています。ぜひご活用ください!

 

安心安全の備え