大規模修繕工事の重要性

マンションの建物も設備も、使用を続けると経年による劣化・日常使用による劣化が起こってきます。また社会の進歩によっ て、インターネットなどのように建物の完成当時には存在しなかったサービスや機器が登場し、その設備を持たない建物では、サービスを利用できないといった 状況も生まれます。入居する人たちも年齢を重ね、かつては気にならなかった建物のちょっとした段差も気になるようになったりします。
これらの建物設備の劣化や状況の変化に合わせ、周期的、計画的に建物設備を維持修繕したり、より価値の高い建物に変化させていくのが長期修繕計画に基づく「大規模修繕工事」です。

大規模修繕工事を成功させるために

長く、快適に住み続けるために、また自分の子どもの代にも住まわせたいと思うような建物であるために大規模修繕工事を適切に行うことは大変重要であり、またマンションの資産価値を左右するイベントといえます。当然、工事には多額の費用もかかりますので、工事の範囲、仕様、スケジュールなどを綿密に計画し、確実に実施することがその後のマンション生活のためにも必要となります。
しかし、とても専門的であることもあり、これをお住まいの皆様だけで進めることはとても困難です。そこで重要になるのが管理会社の役割です。

マンション管理会社をお探しの方

お電話でのお問い合わせ・お見積もりはこちら 事業開発部(東京) 0120-54-4068
お電話でのお問い合わせ・お見積もりはこちら 西日本事業開発部(大阪) 0120-59-3931
分譲マンション管理の見直しに関するお問い合わせ・お見積もり
このページの先頭へ
このページの先頭へ