定義が存在しない「管理仕様」

日勤、常駐、住み込み、巡回、・・・あなたは違いがわかりますか?

「巡回管理」と「通勤管理」の定義

マンション標準管理委託契約書は、現在通勤管理の仕様書が記載されている。住込、通勤管理はイメージしやすいものとなっているが、巡回管理はどうだろうか。
先日、ある新築のマンションの販売センターにて、「このマンションの管理形態は何ですか」と伺うと、「通勤管理です」とのことであった。 「では、管理員さんは何をするのですか」と聞くと「午前中清掃のみ行います。その他の業務は管理会社から別のスタッフがきます」と回答された。
当社では、この管理形態は巡回管理と定義している。
一方で、先の事例だけでなく、インターネットで中古マンションの販売広告を検索すると管理形態の欄には「日勤」「常駐」「通勤」などさまざまな用語がならんでいる。不動産会社によりその表現方法はさまざまであり、またその定義はほとんどの場合記載されていない。 このような状況から、管理形態については現在のところ明確な定義がないといえる。
マンション管理の最前線は、その場所に直接勤務するスタッフである。お客様の関心が一番高いのは、この管理形態でもある。不動産会社、管理会社各社の独自の用語の定義ではなく、世の中一般的な用語の定義付けが必要である。

※中古マンション販売情報による管理形態別マンション数(2009年4月~2010年3月(当社調べ)

大和ライフネクストでの仕様定義

当社では、管理仕様については次のように定義している。

  大和ライフネクスト 他社
住込 建物内のフロントマネージャー(管理員)居室に居住し、当該建物に勤務する形態を住込管理と定義している。 「常駐管理」という表現をしている不動産会社もある。
通勤 フロントマネージャーが通勤により建物に勤務している。24時間体制で交代して勤務にあたる場合でも、住込みでない限りは通勤管理としている。 24時間交代勤務の場合に「常駐管理」という表現をしている不動産会社もある。
巡回 フロントマネージャーが建物に勤務していない建物。清掃員が毎日通勤していても、受付業務や立会い業務がない場合は、フロントマネージャーとは呼ばずに清掃員としている。建物内の点検は、当社の巡回員が定期的に建物を巡回する。 清掃を業務とするスタッフでも管理員と定義し、「通勤管理」と表現している不動産会社もある。

マンション管理会社をお探しの方

お電話でのお問い合わせ・お見積もりはこちら 事業開発部(東京) 0120-54-4068
お電話でのお問い合わせ・お見積もりはこちら 西日本事業開発部(大阪) 0120-59-3931
分譲マンション管理の見直しに関するお問い合わせ・お見積もり
このページの先頭へ
このページの先頭へ