新着情報
2021.01.16

火災保険の補償内容は大丈夫ですか?

冬場は乾燥しやすく火事が増える時期ですが、火災保険にしっかり加入していますか?
既に火災保険に入っているから大丈夫!という方も、ぜひこの機会に補償を確認してはいかがでしょうか。

■補償内容は適切なものになっていますか?
「火災保険」という名称から火災リスクをカバーできるということは皆さん知っていると思います。
実は、現在の火災保険は火災以外の事故にも備えています。
例えば、台風や豪雨、水害等の自然災害や、上からの水漏れ事故、そして不測かつ突発的な事故など幅広く補償しています。
ご自身の保険は、お住まいから考えられるリスクに対応しているか、ぜひ確認してみましょう。

■地震保険に入っていますか?
火災保険を契約しているだけでは、いざ地震が起きた時には地震保険の加入がないと補償されません。
また、地震が原因による火災も地震保険に加入していないと補償されません。
地震が心配な方は、しっかり加入しているか確認しましょう。

■保険金額の設定は適切ですか?
火災保険は「建物」の補償と「家財」の補償があり、それぞれに保険金額を設定します。
保険金額を多く設定しすぎていても保険料がその分かかってしまいますし、少なすぎるといざ事故があった時に十分な金額を補償されない場合があります。適切な設定となっているか確認しましょう。

是非、大切なお家や家財のためにも、しっかり補償内容を見直して下さい。
また、ご自身の火災保険が適切か相談したい、無保険のため加入したいという方は、
お気軽に大和ライフネクスト 保険部までご相談ください。

以下リンクよりご依頼下さい。