大和ライフネクスト株式会社マンションみらい価値研究所 お問い合わせ

PROJECT MEMBER

プロジェクトメンバー

マンション管理に関するプロフェッショナルが
独自の視点でマンションのみらいを描きます

マンションに関する様々な研究・調査活動を展開してきた
大和ライフネクスト株式会社の経験豊富なエキスパートが
マンションみらい価値研究所を構成しています。

久保 依子
KUBO Yoriko

CAREER

1989年

株式会社リクルートコスモス(現株式会社コスモスイニシア)入社。
新築マンション販売、不動産仲介業を担う。

1992年

株式会社コスモスライフ(現大和ライフネクスト株式会社)に転籍。

2005年

国土交通省住宅局市街地建築課マンション政策室
マンションの新たな管理ルールに関する検討会、第11回、第12回専門委員
国土交通省 土地・建設産業局 不動産業課指導室
マンション管理情報の適切な開示の促進等に関する勉強会専門委員

2019年

経済産業省 厚生労働省 日本認知症官民協議会
認知症バリアフリーワーキンググループ委員
一般社団法人マンション管理業協会法制委員会委員
現在、マンション事業本部事業推進部長として主にコンプライアンス部門を統括する傍ら、精力的に報告書の執筆を続けている。

著書

「マンション管理のトラブル解決Q&A」(共著)ぎょうせい(2018年)

田中 昌樹
TANAKA Masaki

CAREER

1993年

大手のマンション管理会社に入社。

2015年

株式会社ダイワサービス(現大和ライフネクスト株式会社)に入社。

防災関連の支援団体(一般社団法人マンションライフ継続支援協会)出向。

2017年

一般社団法人マンション管理業協会出向。
現在は、(同協会において)居住者の高齢化や災害の激甚化などの社会的な課題について、調査研究や解決策の検討を行っている。

論文

日本マンション学会 マンション学 掲載論文
57号マンションで認知症(および孤独死・独居)にどう付き合うか
59号特集 熊本地震被災マンション:マンションが取りうる選択肢~総意に向けた実務上の課題整理
60号被災マンションの事例報告 ―被災マンションと敷地売却―
63号高齢者等の認知症等の兆候に気づいた際の対応について
日本マンション学会 マンション学 198号掲載

研究活動


住生活総合サービスの理論的明確化に関する研究(2012年)
大阪市北区 災害対応・防災・減災に関する統計データの活用に関する調査研究(2018年)
日本マンション学会 認知症高齢者等の課題解決に関する特別研究会委員(2018年)
日本マンション学会 熊本地震特別研究会委員(2018年)

大野 稚佳子
OHNO Chikako

CAREER

2005年

株式会社コスモスライフ(現大和ライフネクスト株式会社)に入社。
管理員を派遣する手配業務や事業部の計数管理など、管理現場を各種サポートする業務に従事。

2012年

管理組合であるお客様を担当する部署に異動。
計30を超える管理組合の支援(フロント担当)の業務を通して、管理現場で起きているリアルな課題と向き合う。

2017年

マンション管理の遵法対応を統括する部門に異動。
現在では当研究所にて、これまで管理現場にて肌で感じた課題の解決へつながる研究に勤しむ。