大和ライフネクスト株式会社マンションみらい価値研究所 お問い合わせ
一覧に戻る

2020年2月25日

マンション管理士の活用の実態について
~国土交通省マンション総合調査結果との比較~

2001年8月に施行されたマンション管理適正化の推進に関する法律(以下、適正化法という)で、マンション管理士の資格が定められた。適正化法から引用すると、マンション管理士とは、「専門的知識をもって、管理組合の運営その他マンションの管理に関し、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行う」とされている。国土交通省の発表している平成30年度マンション総合調査(以下、「総合調査」という)結果では、専門家の活用状況の問いにおいて、「マンション管理士を活用したことがある」と回答した管理組合は1,688組合中219組合(13.0%)であった。
当社管理の約3,890組合を対象に、2年間の活用実績を調査・集計したところ、マンション管理士を活用している管理組合は86組合(2.2%)だった。両者の数値の違いを考察するとともに、その活用内容、完成年次別・総戸数規模別の活用割合について、総合調査の結果との比較を行った。
また、総合調査結果にはないマンション管理士顧問契約の報酬月額の実績、顧問契約開始後の経過年数、顧問契約を開始した年次(管理組合の事業年度の期)についても、調査結果を報告する。

このレポートの執筆者

大和ライフネクスト株式会社 マンションみらい価値研究所 大野 稚佳子

マンション管理士の活用の実態について
~国土交通省マンション総合調査結果との比較~(657KB)
一覧に戻る