大和ライフネクスト株式会社マンションみらい価値研究所 お問い合わせ
一覧に戻る

2020年4月24日

事件・事故の発生と管理組合、管理会社の抱えるリスク~構造計算書偽造事件から新型コロナウイルスの発生まで~

事件や事故が発生すると、管理組合では「自分のマンションは大丈夫なのか」といった不安が生じる。そして、管理会社は管理組合から安全を確認するよう求められる。過去に発生した事件や事故の事例のうち、構造計算書偽造事件、杭データ偽装事件、ブロック塀落下事故、台風による地下電源設備水没事故、擁壁上の法面落下事故を振り返り、新型コロナウイルスの感染拡大の現状もあわせて、将来に発生するかもしれない事件や事故の対応をよりスムーズに行い、安心して生活できるようにするためには何が必要なのかを考察する。

大和ライフネクスト株式会社 マンションみらい価値研究所 久保 依子

事件・事故の発生と管理組合、管理会社の抱えるリスク
~構造計算書偽造事件から新型コロナウイルスの発生まで~(365KB)
一覧に戻る