大和ライフネクスト株式会社マンションみらい価値研究所 お問い合わせ
一覧に戻る

2021年4月28日

共用部分の活用~住込み管理員の居室は今、どうなっているか~

マンションの管理方式には、通勤管理、住込み管理、巡回管理などさまざまな呼称がある。このうち、マンションの建物内に管理員の居住スペースがあり、管理員が居住しながら清掃や受付業務等を行う方式を住込み方式と定義しよう。住込み管理方式は、20年程前までは主に近畿圏を中心に一般的な管理方式であった。しかし、現在では人手不足やその他の問題により、減少している。この減少の原因は何か。また、住込み管理方式から通勤管理方式など他の管理方式に変更になった後、使用されなくなった管理員の居住スペースはどのように活用されているのか。
この調査を通じて、マンション管理の歴史と、管理組合や管理会社の抱える課題が浮き彫りになっている。

大和ライフネクスト株式会社 マンションみらい価値研究所 久保 依子

共用部分の活用~住込み管理員の居室は今、どうなっているか~(249KB)
一覧に戻る