HOME > 講演・セミナー予定 > (終了しました)マンションみらい価値研究所セミナー【防災の根幹問題を理解し、何をすべきかを考える】

2024年5月22日(水)

16:00~

(終了しました)マンションみらい価値研究所セミナー【防災の根幹問題を理解し、何をすべきかを考える】

会場:/定員:500名/参加費:無料



この度の令和6年能登半島地震で被災された皆様、4月17日に愛媛県と高知県に被害をもたらした地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、皆様の安全と被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
 


第18回 マンションみらい価値研究所セミナー
【防災の根幹問題を理解し、何をすべきかを考える】

連日報道されている地震の被害に加えて、近年は気象災害も多発している中、マンションに住む人々は災害にどのように向き合い、どのような対策を講じるべきでしょうか。
今回は、ゲストに東京大学生産技術研究所 教授 加藤孝明先生をお招きし、防災の根幹的な問題を解説いただき、その対策について考えます。


■セミナー参加をご希望の方は、メルマガ会員登録が必須となります。
 会員登録完了後にセミナーをお申込み頂けます。
■すでにメルマガ会員の方は、
 4/26(金)に配信するメールマガジンのリンクよりお申し込みください。
■セミナー終了後はメルマガ会員さま向けに期間限定のアーカイブ配信を予定しています。

ゲスト

加藤 孝明

東京大学生産技術研究所 教授

東京大学大学院工学系研究科修士課程修了(工学博士)、東京大学 工学系研究科 助教、准教授を経て現職。
地域の防災性評価技術を社会に結びつける「まちづくり支援技術」開発を行う一方で、「防災【も】まちづくり」を提唱し、防災を主軸とする総合的なまちづくりに実践的に取り組む。地震防災及び気候変動をにらんだ水害リスクを軽減する都市づくりについて研究および実践活動を行う他、次の災害に備えた事前復興、復興準備の研究も進める。全国各地で地域づくりの先駆的なモデルの構築に取り組んでいる。 
ナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会、南海トラフ巨大地震対策検討WG、社会資本整備審議会河川分科会「気候変動を踏まえた水災害対策検討小委員会」、同・都市計画・歴史的風土分科会「新たな時代の都市マネジメント小委員会」委員、「水災害対策とまちづくりの連携のあり方」検討会等、国の委員を歴任。東京都防災会議地震部会、東京都火災予防審議会、東京都防災都市づくり推進計画検討委員会、東京都都市計画審議会特別委員会、等、自治体の専門委員を務める。北海道開発局・北海道地⽅における流域治⽔のあり⽅検討会委員、国土審議会北海道開発分科会計画部会などを務める。
日本建築学会奨励賞(2001年)、地域安全学会論文賞(2007年)。都市計画家協会楠本賞(2009年)。地区防災計画学会論文賞(2015年)、都市住宅学会論説賞(2015年)、都市計画学会計画設計賞(2023年)、防災功労者防災担当大臣表彰等を受賞。第18回防災まちづくり大賞・総務大臣賞(葛飾新小岩北地区2013年)、レジリエンスアワード2018グランプリ(伊豆市土肥地区)、国土交通省先進街づくりシティコンペ(徳島県伊座利集落、2018年)等を受賞。

久保 依子

マンションみらい価値研究所 所長

マンション管理士、防災士。株式会社リクルートコスモス(現株式会社コスモスイニシア)での新築マンション販売、不動産仲介業を経て、大和ライフネクストへ転籍。マンション事業本部事業推進部長として主にコンプライアンス部門を統括する傍ら、一般社団法人マンション管理業協会法制委員会委員を務める。

参加概要

  • 開催日時

    2024年5月22日(水) 16:00~

  • 参加料

    無料 

  • 定員

    500名 

  • 会場

     オンライン(ZOOMウェビナー)

参加までの流れ

  • STEP1

    参加申込みボタンより新規メルマガ会員登録

  • STEP2

    登録完了メールに記載のURLよりセミナー申込