地震の直後にガスがつかない

症状 ガスがつかない

対処 ガスメーターの復旧ボタンを押し、3~4分待つと復旧する
(復旧しない場合はガス会社に連絡する)
 
 
キッチンや地震の直後にガスがつかないときには、次のことを確認しましょう。
 

ガスがつかない

 
キッチンのガスコンロの火がつかない場合には、次の2つの原因が考えられます。

(1)コンロのガスの噴出し口にススや吹きこぼれの汚れがたまっている

メーターボックス内のガスメーターには一定以上の地震の揺れを感知すると自動でガスを止める機能があります。
およそ震度5弱以上を感知した場合にはこの機能が働き、ガスを遮断しますので地震の直後にガスの火がつかなかったり、給湯器のお湯が出ないといった現象がおきます。

この場合にはガスメーターのボタン操作で自分で復旧することができます。
復旧の方法はガスメーターにタグで説明書がついていますが、おおよそ次の手順になります。

手順(1)  キャップを外し、復旧ボタンを押す
手順(2)  ランプが“点滅”する(3~4分)
手順(3)  ランプが“点滅”しなくなったら、復旧

お住まいのトラブルFAQ

・ガスコンロの火がつかない

詳細を見る
 

・トイレの水が流れ続ける

詳細を見る
 

・水やお湯が出ない

詳細を見る

マンション管理会社をお探しの方

お電話でのお問い合わせ・お見積もりはこちら 事業開発部(東京) 0120-54-4068
お電話でのお問い合わせ・お見積もりはこちら 西日本事業開発部(大阪) 0120-59-3931
分譲マンション管理の見直しに関するお問い合わせ・お見積もり
このページの先頭へ
このページの先頭へ