災害・事故に備えるマンションの保険

もしもの時に備え、皆様の生活のあらゆるシーンで、保険のプロフェッショナルとして安全・確実にサポートいたします。
突然起こるかもしれない災害や事故は、時に大きな被害や損失をもたらすこともあります。“もしも”の備えとして保険は心強い味方。事故の際の専門窓口として「事故デスク」も設置し、万一の時も迅速かつ的確な対応でお客様をサポートしています。

担当者が語るサービス

「あなたの話を聞いてよかった!」とご納得いただける保険提案を

管理組合様が契約するマンション共用部分の損害保険は、共有持分に応じてお1人お1人が各自で契約をされるという性質のものではなく、管理組合全体で適切な契約を一括して行うものです。もし1人1人に手配が任せられていた場合、ご自分の持分について保険をかけていない方が1人でもいた場合、事故による損害を保険で賄うことができなくなってしまい、費用負担を巡り問題が生じたり、修繕ができずに資産価値が低下してしまうことになりかねません。
そのような事故や災害などに備え、管理組合様に向けて適切な損害保険のご提案をするのが、代理店としての業務の柱です。
もちろん、お客様個人向けの保険も各種取り扱っています。
各住戸(専有部分)に関する保険は、所有する方それぞれ自らの責任でご契約をされるものですが、万が一、共用部分にも損害が及ぶ場合を考えると、共用部分の保険と一体化して把握できる弊社にてご契約頂くことで、万一の際も迅速に対応できますので、必ずお力になれるものと思っています。
私は保険代理店業務を担当するようになり5年になりますが、もともとは入社以来、社内事務全般を担当する管理部門に所属していました。そのため経理財務、人事労務を取巻く法令などには馴染み深かったのですが、保険部に異動となり、多くの法令や販売する商品の知識はもちろん、保険商品を取り扱う者が大変厳しい資格によって規制されている厳格な世界であることに、身が引き締まる思いがしました。
お客様が新居を購入されて火災保険の契約をするという手続きは、ご自身の一生に数回、あるか無いかのことですので、わかりづらいことが多いのも当然のこと。私自身が異動した当初、損害保険の歴史から考え方、契約の仕方についてひとつずつ学んできたときの気持ちを忘れずに、お客様にもできるだけ、保険の考え方、全体像がわかりやすいご説明となるよう、例などもご提示しながらご理解いただくように心がけています。
新築マンションの入居説明会などで保険加入のご案内をするときも、お客様とついつい話し込んでしまうことがあるのですが、「あなたの話を聞いて本当によかった!」とおっしゃって頂いたときには、お役に立てたことをとてもうれしく思います。
これからも、お客様の財産に関わる大切なご提案をしているという緊張感を常に持ちながら、1件1件ご納得頂ける保険提案をしていきたいですね。

保険代理店業務の個人情報の利用目的について

マンション管理会社をお探しの方

お電話でのお問い合わせ・お見積もりはこちら 事業開発部(東京) 0120-54-4068
お電話でのお問い合わせ・お見積もりはこちら 西日本事業開発部(大阪) 0120-59-3931
分譲マンション管理の見直しに関するお問い合わせ・お見積もり
このページの先頭へ
このページの先頭へ