大規模修繕工事の流れ

「マンション修繕」をお考えの方へ > 大規模修繕工事の流れ

大規模修繕工事は、3つのステップに分けて考えることができます。それぞれの段階に調整作業や決定事項など、たくさんのイベントが存在しますが、豊富な知識と経験を持つマンション修繕工事のプロが責任を持ち、安全でハイクオリティーな工事が行われるよう管理組合様をバックアップします。

把握する計画する・調整する実施する

STEP1 把握する 

建物調査診断/設計業務

1.建物調査診断

外観目視、打診、触診調査

共用部分(歩行可能な範囲)を巡回しながら、目視や打診棒を使い劣化状況を見極めます。

バルコニー調査

各バルコニーに入り、劣化状況を見極めます。建物の方角や階数により劣化状況が異なるため、バランスよく立入り住居を選定することが必要です。

破壊調査

コンクリート中性化深度測定、外壁タイル付着力測定、塗膜付着力測定、シーリングダンベル試験など建物の一部を抜き取り調査するケースもあります。

アンケート調査

お住まいの皆様にアンケート用紙を配付し、不具合箇所の傾向調査を行います。

診断報告書作成

上記調査の結果を基に「調査診断結果報告書」を作成します。

  • 建物調査総合所見
  • 部位・部材ごとの劣化判定と現況写真
  • 劣化数量表・劣化分布図・調査写真
    (調査範囲で確認した劣化数量と位置図)
  • アンケート集計結果および分析

建物診断

2.改修基本計画策定

現状の仕上げと同等の仕様で復旧した場合の「改修基本計画」を作成します。

外観目視、打診、触診調査

建築系修繕工事に該当する一般事項を記載します。

バルコニー調査

お客様のマンションに該当する各部位の工事方法、使用材料、塗布量等の詳細を記載します。

破壊調査

防水工事の施工範囲等を記載します。

アンケート調査

現地調査および竣工図面等から修繕箇所の数量、面積等の工事数量積算を実施します。

診断報告書作成

弊社独自の工事単価より、「予算書(概算工事費)」を作成します。

見積比較

綿密な診断に加えて、お住まいの皆さんの声をもとにした分析が、確かな修繕基本計画につながります。

STEP2 計画する・調整する 

施工会社選定補助業務(コンサルティング)

1.工事内容・工事範囲の検討補助、基本計画の変更

建物調査診断業務で作成した改修基本計画(仕様書・予算書)の内容を、管理組合様独自のアイデア等を考慮して、内容を調整する業務です。

2.施工会社の選定

公募要領書を作成し、業界紙への広告掲載や居住者からの公募等、様々な手段で施工会社を募集します。各社からの見積り取得後、書類審査、見積比較審査、最終面談を経て、信頼できる施工会社を決定するお手伝いをします。

工事仕様検討

面接・ヒアリング

10年以上前から蓄積された独自の「施工会社評価データ」が、間違いのない施工会社選定の決め手になります。

STEP3 実施する

工事監理業務

1.着工前

着工前に施工会社と工事範囲などの確認を行います。また着工に先立ち、施工会社が主催する工事説明会の資料の事前確認・指導・立ち会いを行います。

2.工事期間中

現場の定例巡回を行い、月に1回「施主定例会」を実施します。さらに定例会までに行った工事監理と各種検査の報告を行います。
ひび割れ補修の調査や足場解体前検査、工事竣工検査などの重要な検査の際には、複数の検査者を動員することで抜けや漏れを防ぎます。

3.工事完成引き渡し

引渡しの前には、最終的な検査を行います。
竣工検査時の指摘箇所の是正確認はもちろん、最終報告書の確認も実施します。
また施工会社とは別に、監理会社として監理業務報告書を作成します。

4.工事後の対応

施工会社によるアフター点検(工事完了から概ね1年後)に立ち会い、その状況を確認。
必要に応じて施工会社に指導を行います。以後のアフター点検を施工会社のみで実施するための指導も行います。

工事監理・検査

竣工検査

お客様の大切な資産を守るために、着工前からアフター点検まで「厳しい第三者の目」として工事監理を行います。

お電話でのお問い合わせはこちら

PAGE TOP