健康経営への取り組み

当社では、10代から80代まで幅広い年齢層の社員が、多種多様な職種、職場にて勤務をしています。
社員一人ひとりが働きがいと誇りをもってお客様や社会に向き合い、仕事を通じて充実した人生を送ることができる、そのような多様な人材の活躍を支援するために、社員の健康づくり・職場環境づくりを積極的に推進し、健康経営に取り組んでいます。

大和ライフネクスト健康宣言

大和ライネクストの経営ビジョンである「LEAD NEXTYLE あしたのあたり前を、あなたに。」を実現するために、働く社員一人ひとりが活力に満ち、心身ともに健やかで長く輝くための健康づくり・多様な社員が活躍できる職場環境づくりを推進していきます。
当社では、社員一人ひとりが自分自身の健康への意識を高め、健康宣言や当社の健康経営推進の取り組みを身近に感じることができるよう社員の意見も反映しながら決定したキャッチコピーやイメージキャラクターを活用し、社内における健康経営を推進しています。
健康に興味を持ち、楽しみながらいろいろな活動に一緒に取り組み、そして健康で長く活躍してほしいという思いを込めて。
イキイキLIFE 笑顔で健活

推進体制

代表取締役社長を健康経営推進最高責任者、管理本部長を健康経営推進責任者とし、専属産業医・保健師と密接に連携しながら人事部内の専任チームを中心にメンバーを構成しています。各事業所の安全衛生委員会・産業医、健康保険組合と一体となった健康経営推進体制を確立しています。
この推進体制の下、大和ライフネクスト健康宣言に則り、社員全員で健康経営の推進に取り組んでいます。

推進体制

主な取り組み

当社では、幅広い年齢層の社員が、健康で長く活躍し続けることができるよう、健康管理体制の強化と、社員一人ひとりが高い健康意識を持って楽しみながら取り組める施策、この2つの軸で健康宣言の実現を目指しています。

産業医・保健師と連携した健康管理体制の強化

定期健康診断の100%受診と重症化予防に向けた取り組み

健診受診率100%を目指すとともに、産業医・保健師・職場が連携を取りながら二次検査の受診勧奨、治療状況の確認、保健指導など個別の事後フォローを徹底しています。
取り組みの強化により、二次検査の受診率は27%(2017年度)から73%(2019年度)まで向上してきています。(2019年3月末時点の受診状況)

生活習慣病予防に向けた取り組み
  • 定期健康診断時に各種がん検診を実施しています。
  • 産業医より周知を行い、がん検診結果に応じた対応の重要性についての知識普及を推進しています。
  • 健康保険組合と協力し、特定保健指導を実施しています。また、該当者が必ず指導を受けるよう業務扱いとして特定保健指導を受ける機会を勤務時間内に設定しています。
  • 職場での受動喫煙を無くすため、勤務時間中の喫煙についてルール化。合わせて、各事務所の安全衛生委員会と連携して喫煙環境調査を実施することで社内ルールの運用状況の管理体制を整えています。
ヘルスリテラシー向上に向けた取り組み
  • 社内ポータルサイト内に、健康経営専用ページを開設。健康や安全に関するすべての情報を集約した新たなプラットフォームとして活用しています。また、WEB環境の整っていない現場スタッフへ向けて、毎月発行する社内報の中で健康や安全をテーマにしたコーナーを設け、時季に応じた健康情報や保健師のコラムを掲載し、社員の安全衛生教育とヘルスリテラシーの向上に組んでいます。
  • 入社直後から生活習慣予防の意識が身に付くよう、新入社員を対象に保健師による健康セミナーを実施しています。
メンタルヘルスへの取り組み
  • ストレスチェックは職場環境に合わせた受検方法で毎年実施しています(事務所勤務者へはWEB、現場勤務者へは書面による調査)。より多くの社員がセルフケアの機会を確保し、結果を踏まえて職場環境改善を行うことで、こころの健康づくりに努めています。
ストレスチェック受検率
(横にスクロールしてご確認ください。)
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
受験者数 3661名/4342名 4489名/5214名 4680名/5528名 5133名/5931名 5624名/6401名
全体:受験率 84.30% 86.10% 84.70% 86.50% 87.80%
web 受験者数 1480名/1679名 1655名/1803名 1778名/1874名 1915名/1971名 2045名/2126名
受験率 88.10% 91.80% 94.90% 97.20% 96.19%
調査紙 受験者数 2181名/2663名 2834名/3411名 2902名/3654名 3218名/3960名 3579名/4275名
受験率 81.90% 83.10% 79.40% 81.30% 83.71%
  • e-ラーニングによるメンタルヘルス教育を実施し、ストレスコーピングに対する知識の習得等を進めています。併せて、現場スタッフへ向けても同様の知識普及ができるよう、レターによる情報配信を行っています。
  • ご家族も利用できる社外相談窓口に加え、産業医・保健師による社内相談窓口を設置し、ニーズに合わせた健康相談等に対応できる体制を作っています。
安心して働き続けることができる職場づくりへの取り組み
  • 多様な社員が長く活躍できるよう、様々な職種・勤務形態を設けています。特に建物管理においては、高齢者が長く活躍できる場を提供できる業種として、当社でも正社員雇用や研修体系の整備など受入体制を充実させ、高齢者を積極的に雇用しています。同時に、健康で長く働くことができるよう高齢社員の健康の底上げにも力を入れています。
  • 労働災害ゼロを目指し、「労災BOOK」を作成し全社員へ配布。定期的に危険個所のチェックを行うなど意識向上を図ることで安全で働きやすい職場環境づくりを推進しています。
  • 生涯を通して安心して働き続けることができるよう、病気や結婚・出産・介護等、人生における出来事に際して、様々な制度や手当を設けて社員を支援しています。
  • 女性に対する出産・育児期間のサポートとして、法定以上の育児時短勤務ができる制度や妊娠中の社員も時短勤務ができる「マタニティ時短」という制度を設けるなど、ワークライフバランスを実現するための支援を充実させています。
  • 休職をした社員が、休職中~復職後も相談しやすい体制の構築に向け、ガイドラインの作成など管理職へのラインケアの知識普及を行い、管理職・産業医・保健師の連携による支援を強化しています。
  • 新型コロナウイルス感染予防対策として、現場スタッフへマスクを配布。また全社員へ感染予防手当を支給し、感染予防の継続的な支援を行っています。各事務所においても検温や手洗い、消毒の徹底を行っています。また、オンライン会議システムの整備やスマホ貸与等によりリモートワークを推進し、ウィズコロナの働き方に合った環境づくりを積極的に取り組んでいます。

健康意識の高い社員を増やす ~ 楽しみながら取り組むことができる施策の展開

  • 親しみをもって健康経営に取り組むことができるよう、社内健康経営キャッチコピーやマスコットキャラクターを活用し、社内浸透を図っています。
  • 運動を気軽に始められるよう、スポーツクラブの社員割引制度や社内クラブ活動への費用補助などの支援を充実させています。社内クラブ活動では、認定クラブ数60、800名以上が所属する取り組みになっています。
  • 社内懇親会補助制度「ともごはん」をつくり、違う部署の社員同士で楽しく食事をしながらつながりを深め、コミュニケーションの活性化を図る機会を設けています。また、新型コロナウイルス感染の影響が続く状況下では、集合せずにオンラインを利用した懇親会開催に補助金を支給し、部署・事務所を超えたコミュニケーションの活性化を支援しています。
  • 栄養バランス弁当を導入し、忙しい中でも社内でバランスの良い食事が摂れるようサポートしています。
  • 楽しみながら生活習慣改善ができるよう、健康増進の取組みに対しポイントを付与する健康ポイント制度の導入を推進していきます。